子育て

子どもの靴をサイズアップ!大きすぎたら100円ショップの中敷きがオススメ

子どもの成長はとても喜ばしいのですが、色々と困ることの1つに

先月購入した靴がもう入らない!ということがあります。

出来るだけジャストサイズの靴を履かせるようにしているのですが、本当にすぐに大きなってしまう足。

「靴。小さいかも。」と言われたら、新しいものを買わざるを得ません。

同じメーカーの靴をサイズアップで購入してみたものの

「歩けるけどちょっと大きいかも」何てこともあったり。

足が成長するまで大きいものを無理に履かせるのもちょっと…という時には、

100円ショップに売ってある「中敷き」を入れてみましょう!

実際に試してみましたので、今後の参考にしてみて下さいね(*’ω’*)

セリアのサンリオコーナーで見つけた中敷き

サンリオインソールシートの画像

最初は靴に合わせた無地の中敷きを買おうと思っていたのですが、セリアのキャラクターコーナーを探してみたら、カワイイのがありました!

商品名は「サンリオインソールシート」です。

デザイン・サイズ展開が豊富

私が行ったお店では

  • ハローキティ
  • マイメロディ
  • ぐでたま

の中敷きが売ってました。サンリオ以外にもミッキーマウスもありましたよ。

サイズは次の3種類がありました。

  • 14.0㎝~20.0㎝
  • 17.0㎝~21.0㎝
  • 21.0㎝~25.0㎝

サンリオの中敷きを実際に使ってみました

長女用に購入して、「ちょっと大きい」と言われてしまった靴たちに中敷きを入れることに。

一般的な上履きは付属の型通りにカットするとぴったり

インソールシートの使い方の画像

学校で履く上履きや体育館履きなどは、付属されている型紙を目標のサイズで切り抜いて、をその通りに中敷きをカットすればぴったりでした。

何か可愛くなった( *´艸`)

サンリオインソールシートを入れた上履きの画像

スニーカーは中敷きを外しその大きさに合わせてカットする

サンリオインソールシートをスニーカーに入れた画像

スニーカーはメーカーによってサイズがかなり異なるので、スニーカーの中敷きが外せるなら、そのサイズに合わせてカットすると失敗なく出来ますよ。

その際は、スニーカーの中敷きを間違えてカットしないようにご注意を!

スニーカーの元々の色とマッチして、こちらもなかなか可愛い仕上がりに!

使用したい靴の色や好みに合わせて中敷きを使い分けよう!

今回は、女の子向けの靴だったこともあり、ピンク系の中敷きを使いました。

男の子ならミッキー柄やぐでたま辺りが良さそうな気がします。それか、思い切って無地にしてみるとか。

サイズ調整のための中敷きですが、中敷きを入れることでお友達の靴と間違えることも無くなりますね!

歩きはじめ・成長期の体を守る靴はとても大切

セリアでみつけた「サンリオインソールシート」を実際に使ってみました。

長女は特に違和感なく履けたので、今回は大成功みたいです!

ここからは、私の靴選びに関する思いにちょっとだけお付き合いください。

子どもの靴。カワイイものがたくさんあります。

私は、できるだけフィット感>デザインで選んでいます。

その理由はうちの長女の成長にあります。

運動に関する成長がとてもゆっくりだった長女

うちの長女は運動に関する成長はゆっくりでした。

  • 寝返り7か月
  • ハイハイとつかまり立ちは12か月
  • 一人歩きは1歳6か月

別に人と比較するようなことではありませんが、やっぱり少し遅めであることは気がかりでした。

3歳健診で両股関節臼蓋形成不全の診断

生まれたときから左右のおしりのシワの形が全然違っていて、様子を見ていました。

その後も一向に改善する気配がないので、3歳健診時に担当医に相談したところ、すぐに小児整形外科医がいる総合病院へ行くことに。

検査の結果「先天性両股関節臼蓋形成不全」であることが分かりました。

放っておくと将来、変形性股関節症に移行し、日常生活に支障をきたすこともあります。

股関節の「かぶり」が浅く脱臼するおそれもあったため、手術をすすめられました。

実は長女の従妹も同じ病歴があり、小学校2年生で自然に完治したことを知っていたので、私はわずかな可能性を期待して、手術を断りました。

受診するまでに、脱臼といった生活に支障が出ることが起きていれば答えは違ったかもしれません。

私が出した決断が長女の将来にどう影響するか不安でしたが、長女も従妹のように成長とともに改善し6歳で完治しました。

完治の診断が出るまでは、少しでも歩きやすいように靴は足にフィットしたものを選んだり、脱臼のリスクを減らすような行動をするよう、色々工夫をしたつもりです。

色んな靴を探して、転びにくいもの、走りやすいもの本当に色々な商品を試したものです。

自分で着脱しやすく、歩きやすいと感じた靴はコレ

4歳近くまではIFME(イフミー)シリーズをよく購入していました。

長女だけでなく、下の子達もヘビーユースです(*’ω’*)

イフミーは、ソールがやや柔らかめで子どもの敏感な足にフィットしやすく、ソールも足型構造になっていてとても良かったです。(2歳の末娘は現在も履いてます)

デザイン・カラバリも豊富ですし、夏はサンダルも展開されているのでオールシーズンイフミーシリーズで過ごせます。

他の靴も履かせましたが、子ども自身がイフミーを好んで履いていました。

足が細身の長女はワイズ2Eのスニーカー

イフミーベビーを卒業したら、イフミーキッズを購入しようと思っていたのですが、長女は足が少し細身なので、もっと足をホールドできるようなスニーカーを履き始めました。

できるだけワイズが2Eのものを探して購入しています。

がっちりした足の息子はワイズ3Eのスニーカー

息子は少し甲高・幅広の足のため、足を絞めつけ過ぎないスニーカーを探しました。

長女が履いていた「瞬足」を試しに履かせてみたのですが、同じサイズでもとても足が痛かったようで、それ以来3Eのスニーカーを選ぶようにしています。

成長に合わせて、足にフィットするものを履かせたい

実は、私の父が靴を扱う仕事をしていることもあり、靴選びのアドバイスやサイズチェックもしてもらえます。

どんなにおすすめの靴でも足に合わなければ履けないのですが…。

出来るだけきちんと試着をしましょう!

そして、前のサイズは足がきつそうだし、ちょっと大きいけど履けないこともなさそう…と感じたらぜひ

100円ショップの中敷き「サンリオインソールシート」試してみて下さいね!

足が成長したら、中敷きを外すことで長く履くことができるから便利ですよ(*’ω’*)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

うちの子育てに一役かってくれたアイテムはコチラ

知育ドリルを試すならまずはダイソーから!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください