家族の健康

かゆがる子どもの頭にアタマジラミ!駆除アイテムと対策をどうする?

相談されショックを受けるママ

子どもが頭をかきむしっていたら、それは「アタマジラミ」かもしれません。

保育園や幼稚園、学校などで「アタマジラミが流行っています」とのお知らせを受けたことがありませんか?

うちの娘が保育園でアタマジラミをもらってしまったことがあります。

「まさかわが子が・・・!」とビックリしましたし、とてもショックを受けました。

ちゃんとシャンプーをして、お洗濯もしてるのに何故・・・?

実は清潔にしていてもアタマジラミは簡単にうつるんですよ。

でも、ちゃんと駆除できますので安心してくださいね。

アタマジラミが見つかったら駆除方法は次の方法がスタンダードです。

アタマジラミの駆除方法
  • アタマジラミの専用シャンプーを使う
  • 専用すきグシで成虫・卵を取り除く

「市販の駆除シャンプー」とネットでおススメされている「すきグシ」を使って駆除を実践しましたので、その方法と注意点、アタマジラミ対策をご紹介します。

アタマジラミってどんな虫?

アタマジラミの特徴

アタマジラミはヒトの頭に寄生し、頭皮から血液を吸います。

卵は0.5ミリ程で白~クリーム色、髪の毛にしっかり張り付いているため手で払うだけではとれません。爪でつぶすと茶色っぽい色になります。

成虫は2ミリ程の大きさで、頭にいる時は素早く動きますが、床に落ちたりするとノロノロとゆっくりしか動けません。シャワーでも流れ落ちますし、ドライヤーの風でも飛んでしまいます。

卵から孵化するのに1週間~10日。幼虫から成虫になるのに1~2週間。

成虫は約1か月生き続け、1日に3~4個、生息期間をとおして100個程の卵を産むそうです。

アタマジラミを見つけたらすぐに卵・成虫ともに素早く駆除しないと爆発的に増え続けることになります。

アタマジラミに血を吸われると、頭皮がとても痒くなるらしく、子どもがバリバリ頭を掻くころにはそれなりの量のアタマジラミが生息している可能性が高いです。

かゆがる子どもの頭をチェックする際は覚悟しておきましょう。

私が子どもの頭を見た時にはシャンプー後だったため成虫はいませんでしたが、かなりの数の卵がいました。

アタマジラミは耳の後ろの部分、襟足~後頭部に住み着きやすいですが、前髪もめくって成虫や卵が潜んでいないか探しましょう。

毛量が多く長い子の場合はひそんでいる場所が広範囲にわたるので、とにかく髪の毛が生えているところはどこにでも住み着いていると思って徹底的に探しましょう。

子どもにアタマジラミを見つけたらやるべきこと

もし、アタマジラミを見つけたら駆除の前に「子どもの心のケア」が最優先です。

園ではアタマジラミが感染していそうな場合は、別室で頭をチェックしているようですが、他の子にばれた時色々と言ってくることがあるようです。

だからこそ、お子さんに「あなたは何にも悪くない」と言ってあげてください。

園では、みんな一緒にお昼寝をしたり、頭を近づけて遊んだりする機会が多くあります。

頭や髪の毛が接近すると、それだけで簡単に移動しうつります

アタマジラミは不潔だからうつるものではありません

たまたま体温が高い子どもの頭が住み心地が良いだけで、その子自身は何も悪くありません。

不用意に子どもを責めたり、どの子どもからうつったのか犯人探しをしたりするのはやめましょう。
そんなことをしても無意味ですし、子どもが傷つくだけです。

とは言っても駆除には時間も根気もいりますので、話せばわかる年齢のお子さんであれば、きちんとシラミの駆除をする必要があることを教えてあげましょう。

アタマジラミの駆除アイテムと使い方を解説!

アタマジラミ専用シャンプーを使う

保育園でアタマジラミの報告を受けたら、まずは「専用シャンプー」での駆除をすすめられます。

パウダータイプの駆除剤もあるのですが、薬剤師の方におたずねしたところ「パウダーは頭皮に塗布してから1時間放置しないといけない」とのこと。

じっとしていられる子なら我慢できるかもしれませんが、低年齢の子どもは1時間も我慢できないかもしれません。

そこで園の先生や薬剤師の方がおすすめしてくれたシャンプータイプのものを購入することにしました。

ドラッグストアで取り扱われている専用シャンプーは2つあります。

少ししか入っていないのにどちらも3,000円弱します。高いです。

必要な方は圧倒的に安いネット購入が断然おすすめです。

アースシラミとりシャンプーの特徴

とりあえず、その時は最寄りのドラッグストアで一番安かった「アースシラミとりシャンプー」を購入しました。

付属品として目の粗さが異なるすきグシが1個ついてきます。

シャンプーはうす茶色のとろみのある液状で甘めの香りがします。

色はいかにも薬剤っぽい感じですが、使用感は駆除剤といった感じはせず、普通のシャンプーをさほど変わりはありません。

使い方は簡単で、しっかり髪の毛上で泡立ててそのまま5分放置してすすぐだけです

2日あけてまた同様にシャンプーをしますが、だいたい3~4回の使用が駆除完了の目安です。うちの場合ですと3回使う頃にはアタマジラミは完全にいなくなりました。

シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かし、その後髪の毛に卵がついていないか隅々まで探し、確実に取り除きましょう。

2大駆除シャンプーの比較と詳しい解説はコチラ

卵は爪でしごきとらないと簡単には取れませんが、後述する専用すきグシで髪の根本付近から簡単にはがし取ることができます

一度はがれた卵は手でも取れるようになるので、無理にすき切らず爪や手を使って卵を完全に取り去りましょう。

無理にクシを通しきってしまうと、髪がかなり痛みます。

すきグシを購入した理由は、シャンプー付属のすきグシは目が粗く卵はほとんどとれなかったからです。(髪のもつれをとるにはちょうどいいです!)

アタマジラミ専用のすきグシ「ニットピッカーフリーコーム」

シャンプー付属のすきグシが卵駆除には使いづらかったので、ネットで一番評判の良かった「ニットピッカーフリーコーム」を購入しました。

安価な類似品も出回っていますが、私は正規品を選びました。

私はAmazonプライム会員のため、翌日には配達してくれるAmazonで購入しました。

このニットピッカーは、シャンプー付属のすきグシと比較しても目が細かく、ステンレスのくし部分が特殊なスパイラル加工をされていて、小さな卵もしっかりとれます。

シラミ発見後は、朝晩の2回ニットピッカーで卵駆除を続け、1週間ほどで頭の卵がほとんどいなくなりました。

推奨回数の3回目のシャンプーが終わるまではニットピッカーでしっかりすいてあげました。

ニットピッカーフリーコームの詳しい解説はコチラ

ひとつ難点があり、娘の長い髪はニットピッカーですくことで痛みました。

シャンプーで荒れて、クシで切れ毛ができます。

男の子だったらいっそのこと、坊主にしてしまった方が楽なのですが。

うちには息子もいますが、娘と毎日遊び、夜も隣同士で寝ていたにも関わらずアタマジラミはうつりませんでした。

髪が短い子は、アタマジラミが住み着きにくいのでしょうね。

駆除シャンプー・ドライヤーの熱・すきグシの3点セットが、アタマジラミの駆除に効果がある方法です。

駆除シャンプーで頭皮がかぶれる場合は、シャンプーでの駆除は中止して根気強くすきグシで成虫・卵を取り除いてあげましょう。

卵の数が少なくなってくると、見落としてしまうことがあるので、朝晩2回毛髪チェックをすると取り損ねがグッと減ります。

アタマジラミは予防できるの?

頭と頭がくっつくだけでも簡単にうつるので完全に予防することは難しいです。ですが、次に上げることは効果があると思いますよ。

アタマジラミは熱に弱く55度以上で死にます。

寝具・衣類を清潔に保つ

もし、子どもにアタマジラミが見つかったら他の家族にうつらないようにしましょう。家族全員で取り組まないと無限ループにおちいります。

出来るだけパジャマ・枕カバー・シーツなどのアタマジラミが付きそうなものは毎日洗濯しましょう。

アタマジラミは卵・成虫ともに55度以上で死ぬのでお湯で消毒してから洗濯するとより効果的だと思います。

洗いにくい掛布団・敷布団・毛布などは、掃除機やコロコロで清潔を保ちましょう。

布団乾燥機があれば駆除が完了するまでは毎朝使うと熱処理できていいと思います。うちは布団乾燥機や少し前に流行った布団専用掃除機が大活躍でした!

お天気が悪い時は、洗える寝具類は自宅で洗ってコインランドリーの高温乾燥で熱処理しました。コインランドリー便利ですね。

また、お制服など毎日洗うことが難しいものは、「アイロンがけ」もおすすめです。

アタマジラミは熱に弱いことから、アイロンの低温程度の温度でも退治することが可能です。

プールの季節になったら

夏になったらプールの授業があると思うのですが、園・学校によってはアタマジラミが見つかった子は参加させてもらえないこともあるそうです。

もし参加することができるなら、脱衣かごや着替え、タオル・ブラシなどからうつりやすいため、直接肌に触れるものに関しては貸し借りしないように子どもに教えてあげましょう。

また、髪が長いお子さんの場合は途中で崩れないようにまとめ髪にして、結びなおす必要が無いようにしてあげましょうね。

アタマジラミの駆除は根気強さがいります

子どもにアタマジラミが見つかった時の駆除アイテムと駆除方法をご紹介しました。

うちの娘の場合は完全に駆除が終わるまでに2週間近くかかりました。

約2週間、毎日髪をすき続け寝具も大量に洗いました。

1か月かかる場合もあるらしいので、駆除期間としては短い方だと思います。

髪をすいて卵を探すのにそれなりに時間がかかるので、その間は娘とずっとおしゃべりしていました。

娘もお母さん独り占めでちょっと嬉しかったようです。

ですから、アタマジラミが見つかったらスキンシップの時間が増えるんだと割り切って、しっかり駆除をしてあげましょう。

駆除シャンプーのくわしい解説はコチラ

「すきグシ」ニットピッカーフリーコームの解説はコチラ

夏休みの自由研究は親子でクッキー作り!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください