保育園・小学校

ラン活は夏までが勝負!おすすめ2社の人気モデルは売切れが早い!

子どもの希望のランドセル探しの事を「ラン活」を呼び、年々ランドセルの購入時期が早くなってきていることをご存知ですか?

購入時期が早くなってきている理由は

  • 予約生産のみの限定モデルは夏ごろには売り切れる
  • 限定でなくとも、人気モデルは秋ごろには売り切れる
  • 予約品は早く購入しないと納品が入学ギリギリになる

せっかく子どもの希望のランドセルをカタログで見つけても、すでに売り切れてしまっていたら、どうしようもありません。

だからこそ「ラン活」をするんです。

おすすめな時期は次の2つ。

  • 人気のモデル・お子さんの希望通り物を購入するなら夏までに
  • 価格を優先するなら年末年始頃

ちなみに、我が家のランドセル購入時期は「8月」。

8月に予約しても手元に届くのは12月下旬と言われてビックリでした。

人気モデルの中には、夏頃に予約してもギリギリ3月到着になる場合もあります。

カタログ請求は4月頃から受け付けているメーカーが多いので、まだラン活をはじめていない方はカタログを早めに取り寄せて、数点希望をピックアップした上で展示場に行くとランドセル選びがはかどりますよ。

ランドセルカタログはこの2社は取り寄せ必須

各メーカーが3~4月頃に新作を発表し展示をはじめ、各社ホームページから最新ランドセルが掲載されたカタログの取り寄せが出来るようになります。

次の2つの有名メーカーのカタログはとても参考になるのでぜひ見てみましょう。

どちらも、テレビCMで見ることができるメジャーなメーカーですね。

この人気2社をメインに、気になるメーカーのカタログを数社分取り寄せておくと、親子で楽しくランドセル選びができるでしょう。

ラン活では次のメーカーも人気です。

  • 協和(ふわりぃ)
  • NAAS(キッズアミ)
  • 土屋鞄
  • 池田屋
カタログを見る時のポイント
  • 価格
  • デザイン・カラバリ
  • 重さ
  • サイズ(A4フラットファイル対応か)
  • 予約時期と生産数

カタログを取り寄せたら、ひととおり目を通して

  1. どこのメーカーにするか
  2. 価格帯

この3つは必ず候補をしぼりましょう。

ランドセルはかなりの種類があるため、展示場で候補を絞るのは難しいです。

あらかじめカタログで候補を絞っておき、展示場では実際の商品の使用感を比較して、購入するものを決定しましょう。

夏ごろには売切れ始める商品もありますので、希望の物が決まっている場合は、ラン活がピークになる8月までには購入を終えているのが理想です。

それでは、次の章ではおすすめ2社の特徴についてお話しします。

 

セイバン(天使のはね)のランドセル

セイバンといえば「天使のはね」ですね。

実は、うちの長女が「天使のはねモデルロイヤル」を購入しました。

「ランドセル選びは子ども主体で」と決めていたので、もちろん反対の余地はないです。

この「モデルロイヤル」は天使のはねシリーズの中では少し価格が高めになっていますが、

  • チャームや刺繍が可愛い
  • 色あいが他の商品と違う
  • 軽い
  • 背負いやすい
  • 子どもが自分で収納しやすい工夫

親子でとても気に入って、展示場で即決購入に至りました。

セイバンの天使のはねシリーズは、価格帯によって細かい部分の装飾が全然違います!こだわりがすごい。

「可愛い」が大好きな女の子が欲しくなるような、色・刺繍・チャームを追求してると感じました。

でも、シンプルが好みの子向けにも、装飾をおさえたモデルロイヤルベーシックがあり、子どもの興味を幅広くとらえています。

また、「天使のはね」と名付けられた「背中部分のクッション」。

他メーカーと比較しても、厚み・固さ・手触りなどがかなり特徴的です。

固すぎず柔らかすぎず、クッションの真ん中部分は空気が抜けやすいように、程よく間隔が開いています。

背負ってみても、肩や背中に無駄な隙間が出来ずピッタリフィットするので、一年生の小さな体でも疲れにくいでしょう。

「こんなに厚みがあって疲れないの?」と心配でしたが、実際に使っている娘に聞いてみても、ランドセルを背負うことはそう負担に感じていないようです。(手で持ってみるとすごく重たいんですよ)

天使のはねのおすすめポイント
  • 6年間保証付き
  • 疲れにくいよう軽量化を重視・通気性も良い
  • A4フラットファイル・クリアファイル対応
  • デザイン・カラバリ豊富(CMで見たおしゃれなランドセル!)
  • 環境保全・ランドセル寄贈などの社会貢献(信頼と実績)

安全対策もランドセル選びの大切な要素です。

ランドセル売り場の方に聞いて思わずドキッとしたことがあります。

それは、車や自転車による引きずり事故。

セイバンのランドセルの側面のフックは、荷物が引っかかることで事故に巻き込まれないよう、強い力が加わると外れるような仕組みになっています(セパレート式安全フック)。

うちの娘はバス通学のため、必ずパスケースをフックにつなぐ必要があるんです。

セパレート式安全フックの説明を受けた時に「なるほど!」と細かい安全対策に思わずうなずいてしまいました。

ハシモト(フィットちゃん)のランドセル

CMやカタログを見て「安ピカッ」にすごく興味を示していた、うちの長女。

私も、フィットちゃんのオーダーランドセルにすごく興味があって、展示場でハシモト担当の方にお話を聞くつもりでいました。

そう。実は、初めはフィットちゃんを購入する予定で展示場へ行ったのです。

展示場で担当の方に、「ランドセルカバーのふちが光るものがあるんだよ」ということを教えてもらったら、あっと言う間に心変わりしてしまい「じゃぁ違うの見てみるよ!」となってしまいました。

そして、セイバンの中に好きな色を見つけてそれを購入することになったのですが…

私が気になっていたフィットちゃんの魅力は「オーダーメイド」にあるんです。

色・柄をお子さんの好みに合わせてオーダーでき、生地見本も取り寄せてチェックすることが可能です。

そのオーダーバリエーションは148,176,000通り!

自分だけのオリジナルランドセルが背負えるのは嬉しいですよね!

フィットちゃんオーダーランドセルのおすすめポイント
  • 6年間の保証つき
  • 一番故障しやすい背カンにこだわって作られている
  • ランドセルのチャーム部分がLEDライトになる
  • ランドセルの生地で作られた筆箱がもらえる(色はおまかせ)
  • ストラップ・クリアファイル付き
  • 多彩なオーダーだからお友達とかぶらない

フィットちゃんオーダーランドセルは\58,500(税別)~と、オーダーランドセルとしてはリーズナブルな価格となっています。

完全先着予約の限定500本のみ生産となっているため、かなり競争率が高いです。

気になる方は早めにチェックしておきましょう。

遠方のおじいちゃんおばあちゃんからプレゼントしてもらうなら

一緒に購入しに行くのが難しい、遠方のおじいちゃんやおばあちゃんからプレゼントしてもらうなら、カタログ・展示場で欲しいランドセルを決めてから、通販サイトを利用してみるのはいかがでしょうか。(パパやママが注文して、お支払いを後日お願いする形ですね)

イトーヨーカドーの通販公式サイトでは、高品質な日本製ランドセルのみを扱っており、安心の6年保証付きです。

セイバン天使のはねやハシモトのフィットちゃんはもちろんのこと、30,000円以下のリーズナブルなものから60,000円以上のこだわりのものまで様々なラインナップがありますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

イトーヨーカドーでラン活する!

年明け1月以降は価格がグッと安くなる!

どうしても、「このメーカーのこのモデルのこの色!」といったこだわりがなければ、あえてラン活シーズンから少し遅れた年末年始のセールを狙ってみましょう。

各メーカーのランドセルが、半額で買えたりすることがあります!

もちろん、人気モデルのランドセルだって例外ではありません。

次のシーズンには、また新しいランドセルが作られますから、在庫は売ってしまった方が良いんです。

セイバンの公式オンラインショップでは、シーズンオフになるとアウトレットセールが開催されます。(今年度のセールはまだ開催されていません)

天使のはねシリーズが60%オフで買えたりすることもありますが、人気モデルはあっという間に売り切れてしまいます。

こまめにチェックし、お目当ての商品が出たらすぐに購入を心がけておきましょう。

コスト重視でランドセルを購入するなら、店舗購入とあわせてセイバンアウトレットも視野に入れておきましょうね。

 

お子さんの希望を取り入れつつベストなランドセルを選ぼう!

ラン活をすすめるにあたって、カタログ取り寄せ必須の2社をおすすめしました。

ランドセルを6年間背負うのはお子さんですから、お子さんの希望が最優先なのはもちろんですが、安全面・耐久力・価格などパパやママの思いもありますよね。

カタログを見る段階で、お子さんの希望を一通り聞いたら、その中でおうちの方の理想と上手にすり合わせていきましょう。

さいごになりましたが、冒頭でもお話したとおり

  • 人気のモデル・お子さんの希望通り物を購入するなら夏までに
  • 価格を優先するなら年末年始頃

この時期を狙ってのラン活がおすすめです。

6年間お子さんを支えてくれるベストなひとつが見つかりますように。

小学校入学の物品購入費用をまとめてみました

サイズアップした靴が大きかったらコレを試して!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください